2月8日〜2月14日

2/8

仕事が終わって髪を切りに行く。いつも切ってもらっている人とはマンガや映画の話をする。今回は最近読んだ1日外出録ハンチョウの話をしてみたら美容師さんも読んでいて特にリコッタパンケーキが食べたいの回で盛り上がった。最近見た映画の話になってこちらは『花束みたいな恋をした』を出した。どこらへんが良かったか聞かれたときに端的に良さを伝えることができなくて「これ全然魅力伝えれてないな」と思いながら喋っていた。パンサー向井のラジオ番組『むかいの喋り方』でも同じ様な悩みのメールが来ていた。その時のアドバイスは特に心に残ったシーンを具体的に話すということだった。おすすめ力のレベルを上げたい。

2/9

先月から関東事業部の人がコロナの影響で帰ってこれないので昨年の12月からの給料明細をまとめて郵送したという旨のメール送ると「(略)現金少し入れてくれても良いですよ!」と冗談を交えた返信が来て硬直した。何か返信をしたほうがいいのか、それとも無視していいものか悩んだ。対面だと笑ってごますのがセオリーなのだけど、文面となると相手の事を想像して無視する事を躊躇してしまう。なにより自分が無視した事でどう思われるかを気にしている。一時間くらい頭の片隅で考えて無視を選択。

2/10

『花束みたいな恋をした』一度見てから一週間以上経ってもくらっていた。頭から離れなかったのでもう一度見に行く。幸せだった頃の麦と絹がストリートビューに写っているのを見て麦が喜び、爽やかに物語が終わっていくのが余計に辛くて泣いてしまう。特定の層が刺される映画だと思うけど確実に刺された。SMAPの『たいせつ』がもっともっと好きになった。

2/11

蛙亭オールナイトニッポンi』を聴く。中野は11歳から2ちゃんねらーで、かつてニコ生主だった過去があるらしい。ニコ生で邂逅しているかもしれない。コメダ珈琲に行く。勉強しようと思ったが隣の席の人が爆発するんじゃないかという頻度で鼻を吸うから全く集中できなくてYouTubeで好きな動画をひたすらに見るツアーを敢行する。『あの頃。』の予告を見て久しぶりにハロプロ見たい欲が刺激され色々見た。ハロプロから随分距離を置いていたので宮本佳林さんが卒業した事を今日知る。ハロプロの権化が卒業してしまったのかと寂しく思う。末音源化曲らしいのだけどJuice=Juiceの『 プラトニック・プラネット 』という曲が良かった。

2/12

家に帰りもろもろを済ませとにかく寝まくった。ストレスは寝まくって解消するタイプ。

2/13

寝まくったpart2。ユリイカ坂元裕二特集を買う。何件も本屋を回ったが住んでる地域にはジュンク堂にしか置いてなかった。持つべきものは友達とジュンク堂。鞄に入れ持ち運んでる間に表紙が折れてしまっていた。ショックがでかい。気丈に振る舞ってるけどふとした瞬間に思い出して落ち込む。

2/14

空気階段の単独『anna』を見た。面白くてかっこよくて感動して胸がいっぱいになる。空気階段が大好きだ。コント中に出てきた下記のセリフが印象的だった。

不安とか怒りとか悲しみは人間が抱えて生きてくもんじゃねえの?汚れなの?それ