あつまれ そうむの森

転職して一年半が経とうとしている。前職は忙しい会社で仕事量が多く、毎日人数をかけて深い時間帯になっても終わらないくらい仕事量があって休日は平日の反動で動けず精神的に辛くて退職し今の会社に転職した。今の会社は逆に仕事がなくて困っている。正確には上司が仕事を全く譲ってくれないので仕事はあるけどすぐに片付くような仕事なので勤務時間の8割を残し時間を持て余している。傍から見たら地縛霊のような佇まいになっていると思う。担当するはずだった財務や労務のことを全てその上司が受け持っていて業務のウルトラ属人化が進みまくっている。現在の部門は自分とその上司の二人で、この状況を改善できる管理職がいないので、社長に相談して上司を管理できる人を雇って欲しいと伝えても進展せず、社長が直接上司に業務の分担をするよう言っても変わらない状況が続いている。何度も業務の分担の話をしても「私がやるので」と言い返されてしまうので「答えは沈黙」だと開き直ってクラピカみたいなことを思ったりもした。最初の内は仕事を生み出していたけど限界もあって、最近では調べる必要のないことを調べたり、見なくてもいい資料を見ていたり、「キャプテン翼に登場するロベルト本郷ってなんで日本に来たんだっけ」と来日した理由を調べたり、総務の森という「あつまれ どうぶつの森」のどうぶつの代わりに総務が集まっているサイトを眺めたり、転職を考慮して求人を見てたら求められるスキルに「最後の砦として業務を遂行出来る責任感」と書いてあり怖って思ったりしている。精神を病むくらい仕事がありすぎて前職を辞めたのに、仕事がなさすぎて辞めたくなるとは思わなかった。自由な時間がなくなるくらい忙殺される毎日は嫌だけど自分のキャパシティに見合った適切な仕事量とそれに伴う適度な疲労感が欲しい。今後の自分のために転職しなければならないと思う。来月で28歳になるのにも関わらず地方コンプレックスを抱えていて東京在住に強い憧れを抱いている。折り合いをつけるために一度東京で転職活動をするのもいいかもしれない。しかし現在絶賛うだうだしていて何も行動に移せていない。やる気があるのかないのかよくわからない。環境を変える怖さもあるけど自分事なのに他人の体みたいに自分を扱っている。一旦賞与が支給される7月までは働かせていただきます。